マレーシア:マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン

マレーシア:マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン

「マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン」は、マレーシアにある世界遺産です。どちらもマラッカ海峡に面するマレーシア西部の港市で、マラッカは北部のムラカ州、ジョージタウンは南部のペナン州に位置しています。「マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン」として両市併せて、2008年にユネスコの世界遺産に登録されました。

マラッカもジョージタウンも、西洋と東洋を結ぶ海上交易の拠点として栄えた地です。貿易において重要な位置を占めているため、両市ともに西洋諸国の属領になった過去があります。現在でも植民地時代に建てられた西洋風の建造物が多く残されており、それ以前にこの地にあったマレー人国家の遺産とあわせて、「マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン」には東西古今が混在した独特の街並みが広がっています。

マラッカには、マレー人のマラッカ王国時代の遺産と、16世紀以降のポルトガル・オランダの植民地時代の建築物が共存しています。前者のものとしては“マラッカ・サルタン・パレス”がもっとも有名です。マレー人の王サルタンの王宮を復元したもので、現在では博物館として機能しています。

植民地時代のものでは、赤一色の建物が立ち並ぶオランダ広場(時計台と教会が有名)がもっとも代表的です。「マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン」を扱った観光ガイドには必ずここの写真が出ています。ポルトガルの宣教師が建てたセント・ポール教会(跡)には、日本にもやってきたフランシスコ・ザビエルの真っ白な彫像があります。

一方、ジョージタウンの方はペナン島の中にあります。「東洋の真珠」とも呼ばれるペナン島は、マレーシアが誇るアジア有数のリゾート地であり、ジョージタウンはその中心地になっています。

地名からもわかるように、ペナン島はかつてイギリスの植民地でした。それゆえイギリス風の建築が多く立ち並び、区画によってはヨーロッパと見間違うような街並みになっています。

とはいえ、ジョージタウンにあるのはイギリス文化だけではありません。ここは世界中の商人が集まった一大貿易港です。中国系移民が建てた“観音寺”、インド系ムスリムによる“カピタン・クリン・モスク”、中国人大富豪が建てた青一色の豪邸“チャン・ファー・シー・マンション”(別名ブルーマンション)など、様々な文化・宗教が入り混じっています。

「マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン」には、他にも人気のある観光スポットはたくさんあります。しかし、街全体が世界遺産に指定された場所です。最大の見どころは街の景観それ自体と言えるでしょう。こちらに素朴で美しいマレーシア建築があったと思えば、あちらには白亜の西洋建築があったりと、西洋と東洋、そしてそれぞれの歴史が絡み合った美しい世界遺産です。